おもいでになったとき

あわよくば《いい思い出だな》と、思い返す日がきますように!(願) 今の日々が思い出になったとき・・・。私はどんな人になっているのだろう?いろんな人達と語り合えると良いなっと、blogに初挑戦です。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて・・・
いいかげん!終わりたいこの話。
↑けっこう短気?

実は・・・
とのケンカ】のあと数日後・・・
いきなりさくらにこんな事を言われた事があった。

おかあさん。
本当の事言って!絶対本当の事言ってね!

はあ?
さくちゃん本当は病気なの?
はぁ?
何の病気?
  ←ってか?何の話?
だって。
りえみがさくちゃんがさくちゃんのこと病気にしたんやもん。
言ったって・・・
ひまわりたちが・・・

アーぁ。その話?
(やっと何の話かわかった)
 ←わかれよ!
ママ!本当の事教えてよ!
さくちゃん病気なん?

あんた自分でどう思うの?
病院で検査した時、さくちゃんは病気ではありませんって、
何処にも悪いところはありませんって、言われたやんか!

・・・・・・・・・・・。
あんたが病気やったとして、
病院にも行ってない。
お薬ももらってきてない。
何にも直そうとしてないやん。

・・・・・・・・・・・。
あんたが本当に病気やのに、お母さんがほおっておくと思う?
・・・・。そうやね!
そうだよ
りえみ先生がそんなこと言うわけないやん。
お母さんちゃんとりえみ先生にお話したよ。ちゃんと言うたよ。
さくちゃんは、オシッコ出ちゃう事あるけど、大丈夫ですって。
ほんとにりえみ先生がそんなこと言うた~ん?

・・・・・・・・・。言うたって・・・・。
(なんのこっちゃ)  ←信じてやれよ!
とにかくあんたは病気じゃありません
大きくなれば良いだけです


まるで?
不治の病の告知を迫るような・・・
そんな話をしていた事があった。


りえみ先生の告白?
のあと・・・

私はあの時のさくらとの会話を思い出して・・・
本当だったのか
と・・・・。
すぐに思ったのだけど・・・

なんで?
どうして?
そんな事になる?

と・・・
わけわかるまでに時間がかかって・・・
いる間に・・・

さくらのチビリは?
あっという間に
もとどおり

しか~も
さらにかたくな
着替えを拒んでいるらしかった。。。

冬で・・・
汗もかかないので?
量も多かっただろうし?
乾きもしない。
いくら素足にミニスカでも・・・
夏よりは厚着だし。。。?   ←あったかパンツ

またまた
股ズレ
をつくり・・・

今度のは?
痛くも痒くもないらしい?
黒っぽく着色して、ザラザラゴワゴワに
肌がなっていて・・・
ちょっと膨れてくるような・・・
そんな感じの股ズレだった。

私はパンツを新調してやる事にした。
学校へ行くようになってから
かれこれもう
4回目の
パンツ新調・総入れ替えだ。

ファッションセンター【しまむら】に行くと
女児下着のコーナーに
ボクサー型の四角いパンツがあった。
股のところにゴムがない!

柄も女の子用のかわいいのが・・・?
超掘り返してさがせばある。

まずそのかわいいのを
1組買ってみて
さくらに勧めてみた。

できるだけ平静を装って・・・
さくちゃん。今日お買い物行ったらさー
こんなのあったんだぁ~
かわいいよね~♪
  ←頼む気に入ってくれ

運良くさくらは気に入った。

張り切って
【しまむら】めぐりを繰り返し・・・
↑このタイプは?1店舗に少量しか入荷しないみたいで
四角いボクサー型の女児パンツ
を買いあさり・・・
ついに!
さくらのパンツは全部四角くなった

驚いた事に
パンツの形を変えただけで
股ズレのあざが・・・
全部キレイになくなった。

やったー!
これでしばらく様子を見よう。
と・・・
ふと?
りえみ先生。その後どう思っているのだろう?
失敗してしまったと自分を責めたり?
学童で何とかフォローしようと考えていたり?
悶々としていないかしら?
と思い・・・

連絡帳に
その後オシッコの調子はどうですか?
と、書いてみた。
まいこ先生からお返事があり・・・
今は、特に変わった様子はありません
それだけだった。。。

そんな事をしていると?
今度は?
四角いパンツの形に合わせた部分に
またアザが・・・

それでもさくらは
ごまかしとおすしか方法がもうない

八方塞がりな気分だった。
どうすればいい?どうすれば・・・?
さくちゃんが楽になれるだろうか・・・?

ふと?
かりんさんが書いてくれた
ルイージ君の話
の一説を思い出した。



でも、これはずっと避けてきた方法だ。
医者は?
患者の悪いところがなんなのか?
ハッキリ突き止めなければ薬を処方してくれない。 ←と思っていた。
またまた
総合病院へ→専門医→もっと良い専門医へ→・・・・
と、あちこちさくらを連れまわすのは嫌だ。
それだけは絶対嫌だ。

でも?
そういえば・・・
以前の検査入院のとき
(Dr)親御さんが希望すれば、薬の処方も考えますが・・・
と、言ってなかったっけ?
??????????
そうこう思い悩んでいる間に・・・
さくちゃん。もう着替え持って行くの嫌だ。
と、言い出した。
少しでも・・・
と思って・・・
新学期から使えるように・・・
常置きお着替え用の手提げ袋(保健室用と学童用の2つ)
洗濯物持ち帰り用の巾着袋(保健室用・学童用)

などなど・・・
さくらの好みのサンリオキャラの素材で・・・
他の学用品入れなどのようなつくりで・・・
ファスナーをつけて中身がわからないようにして・・・
などなど
悪戦苦闘の手芸を・・・
全部完成させたところ
で・・・
このおっしゃりようだった。。。

もうだめだ・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・。


思い切って!
さくらの留守の間に
さくらかかりつけの小児科へ行ってみた。
私は学校へ上がってからの経過と・・・
今の状況と・・・
私の考えを・・・
ざっとだけ!
話してみた。

なんと?
医者は?
あっさり
本人が気にしちゃってという子どもさんはみんな一筋縄では行かなくて、よくあることですよ。
以前の検査では異常なしときているはずですから
尿意の確認の伝達などの神経系統の発達が少し弱いのでしょう。
神経の方向のお薬を出してみましょうか?

と・・・
を出してくれた。
副作用はないが、
神経のお薬なので
作用の方が、
あんまり効いてしまって困る人が時々いるらしかった。
精神を躁(そう)の方向へ近づける作用があるお薬らしい。
鬱(うつ)の人にも使われるものと同じお薬だそうな。

かかりつけの小児科で
私だけの通院で
様子を見ながらやって行ってくれる。

というので・・・

取り合えずそのお薬をもらってきて
さくらになんて話そうか?
考えながらタイミングを見る事にした。

タイミングは?
待つことなくすぐにやってきて・・・
↑実はさくらはもう私にこの事で意地を張り通せる状態ではない。
どんなに隠しても学童では?もうバレバレである。
かなり苦しいのだ。


さくらは?
うん♪やってみる♪
と・・・
飛びついてきた。
オシッコがでたいか?どうか?
が、わかりやすくなるお薬。

だよ。と、説明してある。
その他、
・出たい!と感じたら、無理をしないでトイレへ行く事!
・病気を治すお薬ではない。病気ではない。
・病院へは、行かなくてもよい。
・お薬が嫌で、やめたかったらいつでも止めてよい。
・大人になるまでにはお漏らしはなくなる。

ことを話した。
で・・・
朝晩この神経のお薬を飲んでいる。

飲んで数秒で・・・
あかあさ~ん♪なんだか今は、
オシッコ出たくない。ってわかるわ~♪

などと・・・

なんてかわいい子なんでしょうか?


お薬を一口飲んでみただけでピタッと尿漏れが止まり、
その後、トントン拍子に回復?へ向かい・・・
いつのまにか?失禁から開放される。

と、いう話は?
かりんさんだけではなく
いろんなところで聞いた事がある。

このかかりつけの医者も
うちの病院にかかっている子どもたちも
たくさん同じ薬を処方しているけど
飲んでいきなり治っちゃう人もいますよ。
でも、本当はそういう薬ではないです。
でも?なぜか?治る人もいますが・・・
症状を抑える薬ではないんですよ。

と、言っていた。

そんな体験談を期待しなかったといえばうそになる。

しかし、さくらはコウはならないだろう。。。
この子は・・・
本当に一筋縄ではいかないのだ。
お薬だって、それは同じ事。
これを飲んだからって治ったりはしない。
↑やっぱり、この予想はあったようだ。

うちのさくらは・・・
もう小さいだけ。
ちょっと他から遅れているだけ。

では?ない!
夜尿症なのだ。
きちんと、それと向き合おう。

それも・・・
私だけではなく!
さくらと一緒に、向き合っていこう。
自分の体のことを、
もう自分でわかって
自分の意思をハッキリ持ってよい年だ。
苦しくても、
ちゃんと正しく説明しながら
直視させよう。
一緒に向き合っていこう。
これは、まだまだなが~くかかるだろう。

と、今思っている。




追記
この今飲んでいる薬が『躁』状態を招く。ということで・・・
異常に落ち着きがなくなってしまった場合のこと考えて
↑ちなみにうちのさくちゃんは?お薬飲まなくても『ハイ』になれる。ので、心配だった。
さくらには今度は内緒で、各先生方に様子見のお願いをした。

学校では?

担任と養護教諭の二人の先生と新学期早々に懇談を持ってもらった。
学校は、前回も対応良かったし、けっこうあてにしている。
薬を飲んで初めて登校した日は?
薬を過信したのでしょう。
(たぶん初めて・いつもは休み時間に行くはず)
授業中にトイレへ行き、間に合わなくて大失禁。
こっそり保健室を利用したらしい。
着替えは?学校には置いておく事にすると言って持っていった。



学童でも?

もう1回懇談を持ってもらった。
りえみ先生には『正直、先生に病と言われたのはこたえたようです』と、隠さずにはなさせてもらった。この先生『ぶっちゃけて話す』関係を、『自分から』作っていくのは?ちょっと苦手なのかもしれない。しかし、こちらがリードして行けば、おかしな人ではない。
病気発言は?
どうやら他の子に説明を求められ続けて、つい口を付いて出てしまった。
らしい。
困っているなら親に連絡して欲しかったが、これについては済んだ事だ。
今後も先生に話しかけてもらい易いように、付き合っていくしかない。
やっぱり!さくらは学童では?
オシッコの件ではいじめられる寸前。状態にもう突入していたらしい。
しかし、学童に置いてあった着替えは?持って帰ってきて・・・
その後『学童にはいらない』と言って持って行こうとはしていない。



私は・・・
少し間を空けてやりたい。(友だち関係の事もあるし)
と言う思いと・・・
こちらからアピールしているにもかかわらず、
気がかりになる事を親に連絡してくれない。
ちょっと不信感までは行かないが・・・
頼りにするにはちょっと学童は無理だったのだ。と、思い・・・

学童へは?
できるだけ休み休み行かせる
事ができるようにと・・・
考えながらやっていく事にした。




で?
気になるお薬の効き目だが・・・・

夜は?
3回ベースでそれ以上あった。ものが・・・
1回ベースにまでなった。
(今のところ)

昼は?
う~む。。。
今一つ?まだ違いはないかな?
でも、即効性のお薬ではないので・・・

そうこうしながら

あわよくば!
もう1回
お着替えができる
まで戻れるといいなぁ
と、思ってます。

そして・・・
タイミングをはかって
少しづつ
さくらと自分の体の話をして行こう!
と、考えています。
スポンサーサイト

Comments

コメントありがとうございます。
なんか、ブログの本文読ませていただいたら、すごく、子供と真正面から向き合っておられており、また、子供のためにさく時間の多さとか、精神とかが、すごく伝わってきました。
私の場合、男手一つで、日々の仕事や、家事や、食事などなどで精一杯で、反省させられます・・・。
特に、うちの子は4歳ですが、保育園の周りの子供たちは、すでに、寝るときもオムツをはかないようになっているにもかかわらず、うちの子供は、寝るときはまだ、オムツをはかせています。夜布団の中で、もらされると、朝仕事の関係で、早いし、ギリギリだし、大変なんでアンパイを取ると言う意味でもオムツをはかせています。
すごく、反省・・・です。
お互いがんばりましょう。
応援クリックして帰りますね。
また遊びに来てください。

夜のオムツ

私はさくらが4歳の頃、夜のオムツを無理矢理はずしたんです。そしたらそれ以来・・・。この娘の夜尿症は、そもそもそこからが始まりなんですよ。
だからこの件については私はさくらに対して自責の念があります。真剣にならざる得ないだけの苦しみを私が与えてしまった。と言う経緯があります。
夜のオムツはお子さんが嫌がったりの主張が強くないのなら、自然に外れるまで待っているのが一番だと思います。

なが~いですけど、もしよろしければ過去の記事をご参照ください。
【夜尿症 http://omoideninattatoki.blog38.fc2.com/blog-entry-20.html

それと、トラックバックしてくださったかりんさんの記事でも、お子さんが夜オムツを使ってらっしゃいますよ。かなり大きくなるまで使われていたようです。
【自閉症児マリオ君 おねしょ http://calin.blog22.fc2.com/blog-entry-82.html
けしてお子さんに無理をかけないで上げてくださいね!

それと、男手での子育てをお父さんが頑張ってくれている事はお子さんはちゃんと見ているものです。

>仕事や、家事や、食事などなどで精一杯
何処の家庭でも同じですよ~。お互い自分ちのスタイルで行きましょうv-218

コメント・応援クリックありがとうございます!

NANAさんの大変さは、計り知れないね。
私は偉そうにゴチャゴチャ言えないけれど・・・
桜ちゃんの心のケアを十分にしてあげればいいんじゃないかなぁ?
「病気」って言葉ってね、子供にとっては衝撃的な響きだと思うの。
大変な事なんだと思うの。。
いろんな事言う人もいるだろうけれど
そんなコトバなんかに負けないで!
桜ちゃんと一緒に少しずつでいいから
前に進んでいければいいねぇ。
大した事書けなくてゴメン・・・

陰ながら応援&見守らせてね!

ゴチャゴチャは偉そうでは・・・?

いやはやちょっと重たい題材だったみたいで・・・。
お気を使わせてしまって申し訳ないe-263

さくらは元気なんで・・・。私も大丈夫!
うちのさくちゃんは、ほんとに頑張り屋です(自慢)i-233
頑張るからこういうことを引きづるのでしょうが・・・
でもさくらの頑張りに今回は私がずいぶん助けてもらっていると思います。

(小声)だからそんなに大変じゃないんですよー。
こんな親で?どうしましょうねぇ~。i-230
>陰ながら応援&見守らせてね!
キミドリさん。ありがとう!励みになるよ!ほんと、ありがとー!

さくちゃんのおしっこの話なんだけど,やっぱりコミュニケーションが不足したり,つい言ってしまったことが原因でというのがお話の核でしょうか。うちもよく余計なことを言っては,あとで後悔していることが多いので,身につまされます。

う~んとう~んと・・・

奈々氏さま
お話の核は・・・?

そうか!コレがハッキリしないからダラダラと長くなるのだな。。。
と、言ったところかな?
せっかく全部読んでもらったのに、何てことでしょうi-282


>身につまされます。
養護の先生が、今回の懇談で、保健室でのさくらとのやり取りについて
『あの。さくちゃんの意思の通りに全部任せれば良いのでしょうか?』と、何度も確認してらっしゃいました。
着替えを置くか?どうか?
着替えるか?どうか?
大量に濡れている場合、拭いたり洗ったりするか?どうか?
洗濯物は持ち帰らなくても保健室でこっそり洗ってしまっておくこともできますよ。と、おっしゃってくれたのですが、それもどうするのか?などなど・・・
からはじまって、子どもとのふれあい的な会話についても、(初めて)私の話を聞いて、精神的に浮き沈みの激しいさくらに対して、慎重にならざる得ないと感じたのだと思います。
きっと、奈々氏さんのように・・・
身につまされてしまったのでしょう。


>うちもよく余計なことを言っては,あとで後悔している
できれば、余計な事を言われて、自分で反発できるだけの力を持たせてから、外へ出してやりたいものです。
幸いさくらは、年相応にはこの力を持っています。
なので、上記の養護の先生には、構えないでもさくらは大丈夫だと思います。
さくらに全部任せるのではなくて、先生も思うところを伝えてくださって結構です。学校の事は自分で先生に伝えられように!と、日頃から考えています。のような答えをしました。

今回の学童での一件については、こういった先生とのやり取りについて、受身で構えていた私の方にも否があるところです。まぁ、1年生なので勝手がわかりにくかったといういい訳はありますが、でも?やっぱり先生方や学童に対しての過信があったのでしょう。
そう思っています。


今回の記事は・・・
こうやって私の考えや思いや覚悟が、ゆれながら固まってくるまでの過程をつづったもので、何かを訴えたくて書いていたわけではなかったのですが・・・
書いていく事で、さらに自分では気が付いていなかった新しい発見がたくさんありました。
考え直していた事を、もう一回掘り返して考え直す事ができたと思います。

コメントありがとうございました。
無事退院して今は元気にしております。ご心配ありがとうございました。

ブログいろいろ読ませて頂きました。NANAさんも日々奮闘してる様子ですね。
子供の事はやっぱり親が一番思っていて一番信頼されている存在ですから、NANAさんはさくちゃんの一番の理解者であって、一番の頼りになる人でいてあげられると良いですね。

おかえりなさい!

よこたんさま
小さな手術でも子どもは全身麻酔で絶食だし、採血すら大騒ぎで・・・。は、ホント皆さん同じだなぁ~と、頑張るよこたんさんの記事を読ませてもらっていました。麻酔科の医師の直前の説明と同意書のサイン、私もビクつきました。
入院・手術etc.無事終わられたとの事。ほっとしました。良かったですね。


>NANAさんも日々奮闘してる様子ですね。
あはは。ありがとうございます。
わかりずらい記事ばっかりだけど・・・。?e-263
奮闘ぶりe-330については?
うんe-284
良く表れてるかもしれない。。。i-84

>子供の事はやっぱり親が一番思っていて一番信頼されている存在ですから、NANAさんはさくちゃんの一番の理解者であって、一番の頼りになる人でいてあげられると良いですね。
ほんとに・・・。
あげられるといいなぁ~i-241
私はさくらにメロメロでねぇ~i-6
バカだよねー・・・
でも?それがしあわせi-233

コメント、ありがとうございます。

Submit Comment

管理者にだけ表示を許可する

TrackBacks

http://omoideninattatoki.blog38.fc2.com/tb.php/75-c1712e6a

 | HOME | 

プロフィール

NANA

Author:NANA
わが家は3人家族。
きっと一生溺愛し続ける娘は7才。小学1年生。
定年まであと10年をきった年代間ギャップの激しい夫。
異郷の地で友達が少ない私。昔からメカ音痴の上、はやり物に乗るのはきっと今回のこのblog挑戦が生まれてはじめてかも・・・?
がんばるぞ!

来てくださった方々へ

ご訪問ありがとうございます。 ぜひコメントをお願いします♪

アクセス解析

☆よろしければ↓クリック☆
ぜひまたいらしてくださいね☆ まってま~す!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。