おもいでになったとき

あわよくば《いい思い出だな》と、思い返す日がきますように!(願) 今の日々が思い出になったとき・・・。私はどんな人になっているのだろう?いろんな人達と語り合えると良いなっと、blogに初挑戦です。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の表題は・・・
今朝のさくらの言葉です。

☆りんなちゃん☆が他県へ転出となるそうです。
最初にお友達になった子なんだよ~
とのことで・・・
このblogでも3回ほど登場している名です。
3学期のオープンスクールで・・・
さくらのエセ歌舞伎?の相棒をつとめてくれた子です。
ちょっと飛んでマラソン記録会のときにも出てくるのですが・・・
↑最後の方にチョビットだけ

実は春にお母さんと知り合った時すでに
この学校には1年間しかいないだろう。
との話は聞いていました。
せっかく・・・
学校にもウマが合う人がいた
と思って喜んだのもつかの間の事だった。。。 桜はこれまでにもたくさんの友だちとの別れを経験してきている。

保育園時代の事は、これから記事にすることもあるかもしれないが
同学年で学区が同じ子はいなかったので
全員、卒園と同時にお別れとなりました。
↑でも保育園の同輩たちは『会おう』とする事ができます。
偶然街でバッタリ!ということも珍しくありません。


入学後の級友の中でも
転出は☆りんなちゃん☆が初めてではありません。
年末に隣町へお引越しされた子がいたようで・・・
2学期の終わりに
『転校』という言葉を覚えたようです。
その時も
○ちゃんと今日が最後だ
だなんてブツクサ言っていたものです。
年始には、わざわざ先生に新居の住所を聞いてきて
手紙のやり取りをしていた様子でした。
しかし、3学期に入って
転入してきた子もいました。
すぐに仲良くなれたようで
新しいお友達が増えて喜んでいるようでした。
この転入生にも、例のオープンスクールのときに会いましたが
帰国子女とのうわさで、たいそう明るい子でした。

☆りんなちゃん☆を含めて
学校での桜のクラスの『転入・出』は  ←他クラスの事はわからない
全員女の子でした。
桜にとって
自分との距離が近く感じているのか?
毎度 大騒ぎ です。

出会いがあれば、別れがあり
別れがあれば、また出会いがあり
再会もある。


私の子ども時代
卒業がらみの歌といえば
♪今日の日はさようなら♪
だったように思うが・・・
私がに気が付いたのは、いつの頃だろうか?
子ども時代では?
なかったように思う。

なんにしても
☆りんなちゃん☆との思い出は深く・・・
今コレを言葉で伝えても
桜には響かないようだ。
先生が遠い所だって言ってた
遠いたって、おばあちゃんのいる北海道だって遠いんだよ~
なんとか県だって・・・
なに県?
・・・・・・・・。
先生が遠い所だって言ってた
(なるほど・・・。先生も距離の説明は苦しかったか・・・)
↑なんたって!桜は・・・
自分が住んでいるのは『日本』
おばあちゃんがいるのは『北海道』
アダム君が住んでいるのは『アメリカ』
という理解だ。。。
実家では

ばあちゃん。また来るね。
さくちゃん『日本』に帰らないといけないから・・・

と、言い放って帰ってくるのだ。

もうあえなくなっちゃう
こんな別れは・・・
桜にとっては初めての体験かもしれないね。

こんなふうに友達を思うことができる
学校で素敵な出会いがあったこと
終わりにこんな思いになれる1年間を送れたこと
を ありがたかったなぁ~って
お母さんは思うよ。

桜たちは明日が終了式です。

もっともっとつらい別れも
世の中にはたくさんあるけれど・・・

歓迎できないいろんな出会いも
世の中にはたくさんあるけれど・・・

不登校や障害やいじめや・・・
思い悩む大勢の親や子どもの
いろんな思いが【学校】に寄せられているようです
私にとっても
それらは共感できるものが多いし・・・
学校がすべてではありませんが・・・

もしも桜が不登校になった時
今の桜の姿を思い起こそうとしてみる事が
私にできるかしら???

桜の周りにも・・・
こんな風に
出会いと別れに心を揺らしている子が・・・
もしかしたら?
いるかもしれないのだなぁ~・・・
注:りんなちゃんと不登校は関係ありませんが!

私も1年間の学校生活を経験して
そんなことも
つらつらと・・・
頭をよぎった桜の一言でした。
スポンサーサイト

Comments

出会いと別れはうちらにはつきものですが。。。

 子どもたちの1年分の思い出は,大人よりずっと中身が濃いのかもしれませんね。
 私たちも,この時期は出会いと別れがあるのですが,以前より,さっぱりしてきているのは年取った証拠かな?><

何処へ行ってもつきものですが。。。

年度の変わり目『春』に集中することは多いようですね。でも?出会いも別れも?そればっかりではないはずです。日々の生活の中で日常的に繰り返されているもののはずだと思います。
それが、学校などではこの時期に強調されて出てくるのは?ナゼなのか?
勿論『振り返る』事を成長につなげて行きたいのでしょうが・・・?子どもを見ている中で感慨にふけりたい大人の愛情が影にあるのではないか?
な~んて・・・考えてみました。。。

子どもは1日の長さが大人と違うのね・・・。と、明日のことをも待ちきれないさくらを見て時々思います。
そういえば・・・。子ども時代は私も1日が1年が、もっともっと長かった。。。

>以前より,さっぱりしてきているのは年取った証拠かな?><
あはは。『落ち着いてきた』ということにしましょう。。。
もっと年取ると?また新たな発見もあるかもしれませんね~?楽しみにしましょうよ。お互いに。。。

 TB、ありがとうございました。桜ちゃんは、さびしかったでしょうね。でも、なかよしさんが、いっぱいいるようで、うらやましいくらいすばらしい成長をとげていらっしゃるようです。
 『人』大好きというのは、今の時代特にすばらしい資質と思います。
 桜ちゃんの姿がまぶたに浮かぶようです。

クラス写真

toshiさま
コメントありがとうございます。
そちらでは、プロフィールの似顔絵が私の勝手なイメージとマッチしております。おお~!小学生?スゴイ画才?!と、思っておりましたら、今度はプレートの柄が桜に・・・。
わ~いe-266うふふふふ。
というのが私の感想です。

我が家の桜ですが・・・
学年が終わって、何もかも持ち帰ってきましたが、大量の荷物やら配布物やらと一緒に、最終日に『クラス写真』をいただいてきました。
とはいってもただのスナップ写真で、何か?行事や交流や発表や・・・?の特別な日のものではなく、みんな体操服の上によれた長袖を引っ掛けて、教室でクラスメート全員が身を寄せ合って写っていました。大掃除の後でしょうか?といった雰囲気です。先生は写っていませんから聞くまでもなくコレは先生が写したのでしょう。

私が学校で見た顔、親が出向く機会に見た子どもたちの様子とは全く違った様相の、表情豊かなクラスの顔が、そこにありました。

先生が何を思ってコレを撮って、最終日に成績を記したモノたちと一緒に持たせて返してきたか?
私も、先生の思いが手に取れるような気がしました。

クラス写真に写るさくらが・・・
ああ。クラスの一員だったのね・・・。
と、初めてそんなことを思いました。
良い1年を送らせていただいたようです。

りんなちゃんへは、自分の住所を書いた手紙を渡してきたようです。先に別れた○ちゃんへは、りんなちゃんの転校を伝える手紙を出したようです。
関係が続くかどうか?よりも、大切な何かがあるだろう。と思いながら、そんな様子を眺めています。

久しぶりに訪問しました

久しぶりです。
子供ながらに別れの寂しさが分かりますよね。
息子も何回かありましたが、覚えているものです。
子供同士も層ですが、お世話になった
先生方のこともね

それでは、こちらはまだ春のポカポカはまだですが、4月から2年生になります。

cosmonautさま

ご訪問ありがとうございます。
コメントうれしかったです。

娘も友だちとの別れを惜しみながら、毎日いろんな事を言っておりますが、どうやら気持ちはかなり前向きなようで・・・。

v-206いろんな子と友達になれるから、2年生のクラスもどのこと一緒でもいい!
のだそうです。

先生との別れについては・・・?
あちこちのblogで『離任式』という言葉を見かけました。
私の子ども時代は、終了式と同時に行われていたものカシラ?(と、解釈しているのですが)
新年度のクラス編成と担任がわかるのは、始業式と同時でしたが、教職員の退職や移動は終了式と同時に発表があり、特に担任の移動については内々の知らせが事前にあったりして年度内にお別れの準備をしたものでしたが・・・?

どうやら娘の学校(この地域)では、全く手法が違うようです。
4月1日の新聞発表まで、全く伏せられるようです。で、そのまま新年度が始って・・・。
新クラスになってから数日後に『離任式』という行事があるようなのですが、はたして移動になった先生方は、新しい担当児童を置いて旧勤務校へ出向かれるものなのか?はたまた?新勤務校での『着任式』のような形となるのか???
それとも?
『離任式』と『児童会』が同一の日程で行われるようなので、離任するのは児童会の役員たちなのかしら???

このように、先生との別れが例えばあったとして?
娘たちはどのように別れていくものなのか???
全くわからない2年生の始まりとなりそうです。。。

こんな我が家ですが、ぜひまたいらしてください。私もまたお邪魔させていただきます。

お久しぶりです。

すっかりご無沙汰してしまいました。

桜ちゃんはつらい別れを経験したけれど、「いろんな子と友達になれるから、どの子と一緒でもいい」とは、前向きで、安心しました。
友達は、大切ですものね。うちの子にも「お友達をいっぱい作りなさい」って言ってます。

ところで、話は変わりますが、「漢字バトン」の記事で、私のことを「柔」で表してくれてましたね。あそこに名前があったのも、とても嬉しかったうえに、「柔」なんて・・・
とっても、やわらかいイメージの漢字で、私には、もったいないです。
実際の私は、刺々しいかも・・・

いずれにせよ、嬉しかったです。
ありがとうございました。

わぁ~い!

おとママさま
こちらこそご無沙汰してしまって・・・。
学校が長期休暇?ですので、私的にたいへん多忙ですぅ。せっかく見に来ていただいているのに更新が追いつかなくて申し訳ありません。
また時間のあるときにそちらへもお邪魔させていただきますのでどうぞよろしく~i-230

漢字バトンは、皆さんこころよく受け止めて下さったようで少しホッとしております。
こんな状態になっているのにコメントくださって、ありがとーうe-266


ぉ~ぃ

元気にしておられますか?私はまた忙しく学校生活を送ってます。6日は,新任式,始業式,入学式と目いっぱいの式があり,目の回る忙しさでした。

別れ

こんにちは。先日は凹む私にコメントありがとうございました。嬉しかったです。もう立ち直りました!お騒がせしました。

さて今回のエントリ。自分が経験してきた「別れ」って、その時は辛くても、結局いろんなことを勉強させてくれたなと思い起こしました。子供ってこうやって成長してくんですね。うちの息子もどんな別れを経験してくんだろう。

2年生になりました

元気でーす!
桜も私もちゃんと2年生になりましたー!担任の先生もまたまたどうやら?『あたり』らしいでーす!
そして・・・
『離任式』の意味わかりました。転任された先生方が旧勤務校へ出向いてのお別れの儀式だったようです。1年生は、わけわからないことになるので不参加のようです。(卒業生は???も不参加でしょう?)
なので昨年は、離任式ってなあに?と桜に聞いてもわからないはずでした。(聞いたんですよ)
で、桜の学校はなんと校長先生が代わりました。まだ着任して2年だったのに、また教委へ戻られるようです。他の離任の先生方は桜との縁は薄かったようで『知らない先生』ばかりだったようですが、校長先生のお別れのお話を聞いて『ないちゃった』そうです。。。


v-206校長先生は残念なことがあるんだって
新しいお仕事の場所には、子どもが一人もいないんだって・・・
v-81
お話を聞くことができているようです。(自慢)

奈々氏さま
ご心配ありがとうございます。無事に新年度が始りましたので、ぼちぼち復活できるかと思います。

プラスさま
立ち直ったとの事。良かったです。
またのぞかせていただきますね~!

離任式

 1年生はお世話になっていないという意味があるのかな。必要ならば,指導をした上で参加されると思います。^^

 さて,うちの学校では明日が退任式です。(離任式のことです)退職された先生との最後のお別れの場面です。別れを小学校で初めて経験する子どもたちも多いので,まだ,実感がわいてないかもしれません。

はじめまして★

初めてコメントさせて頂きます。
15歳年の差というのでうちと一緒だ!!と覗きに来てしまいました(笑)

この時期「別れと出会い」を多くの人が経験してるんでしょうね。大人になると別れても電話やメールで連絡取れるし、近くに行ったら寄って再会することもできますけど、子供の時の友人との別れって結構「一生会えなくなる」って感じてました。
でも、いろんな体験して成長していってるんですよねー。

コメントとっても丁寧にお返しするんですね(すごい)また遊びに来てもいいですか??

『あたり』の新担任

昨年は1年生の桜たちのフレッシュクラスの隣のクラスを担任していました。昨年の担任フレッシュ先生とは、大学の先輩に当たる仲良しさんとのうわさだった人です。二人ともお若いのですが、私は『感じいいな』の印象を持っておりました。
で、学年は4クラスありますが2年生に持ち上がったのは彼女一人だけで、桜にとっては数少ない『知っている先生』のクラスだった。という時点ですでに大当たりe-278だったようです。

で、この新担任。桜の報告によると・・・
離任式で泣いていた
そうです。

逆に涙ぐみながらの離任の先生方のお話が続く中、一人だけ・・・
『私は恥ずかしいので泣きません』と、言い切って話し始めた先生もいて・・・?

v-206いろんな先生がいたv-81
とのことですが・・・

このように
大人たちの中にも人間模様を感じたり、血の通った人としての感情を、学校の教師集団が直接表現して見せてくれる事は、桜たちにとって何よりものお手本となっていることでしょう。

今年の教員の移動については少々縁遠かった桜ですが、わからないなりにいろいろ感じてきているようです。
『離任式』をなぜ?年度内にやらないのか?そこまでして伏せなければならないか???
と、自分の時とは違うやり方を飲み込む事が少々難しかったのですが、どうやら『形式』だけの儀式にはなっていないようでほっとしております。

奈々氏先生の学校なら、常日頃から暖かさを感じる節が多いですから、こうした教師たちの顔も、もっとたくさん見えているのかもしれませんね。
初めての別れの2年生のお子さんたちもきっとジワジワと・・・。何かを感じられることでしょう。

よこたんさま

はじめまして。ご訪問・コメントありがとうございます。

おー!よこたんさまも歳の差カップルでしたかぁ~。
ぜひぜひ仲良くなりたいです。よろしくお願いしまーす!

先ほど少しだけ覗かせていただきましたが、息子さんe-266もうすぐ1歳との事。なんてラブリーなんでしょう!
我が家にも、先ほどとっても久々に4ヶ月の赤ちゃんが来てくれていました。
お姉ちゃんが新1年生で集団登校デビュー!うちの娘と同じ班でした。
1年生の親は、交代で登校班の付き添いをするという地域の規定があるのですが、4ヶ月では連れて行ける距離ではなく天気も怪しかったので、お母さんが留守の間うちでお預かりさせていただいたのです。
もうメロメロですよ~。私だけじゃなくて、登校班の高学年のお兄ちゃんたちまでみんなでうっとりとベビーカーを覗き込んで・・・
でも?みんなのラブリーを独り占めできたのは?私だけですe-319
うへへへ・・・i-233
ラッキーな出会いでした!


>コメントとっても丁寧にお返しするんですね
いえいえ。更新ができていないので・・・
たまたまですよ~。i-229

でもでも・・・
なかよくしてくださーい!
どうぞよろしくお願いします。

Submit Comment

管理者にだけ表示を許可する

TrackBacks

http://omoideninattatoki.blog38.fc2.com/tb.php/69-647d1950

 | HOME | 

プロフィール

NANA

Author:NANA
わが家は3人家族。
きっと一生溺愛し続ける娘は7才。小学1年生。
定年まであと10年をきった年代間ギャップの激しい夫。
異郷の地で友達が少ない私。昔からメカ音痴の上、はやり物に乗るのはきっと今回のこのblog挑戦が生まれてはじめてかも・・・?
がんばるぞ!

来てくださった方々へ

ご訪問ありがとうございます。 ぜひコメントをお願いします♪

アクセス解析

☆よろしければ↓クリック☆
ぜひまたいらしてくださいね☆ まってま~す!

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。