おもいでになったとき

あわよくば《いい思い出だな》と、思い返す日がきますように!(願) 今の日々が思い出になったとき・・・。私はどんな人になっているのだろう?いろんな人達と語り合えると良いなっと、blogに初挑戦です。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎年。返事は来ない。
と、わかっていても出し続ける年賀状。って?
皆さんにもありますか?

私はその中の一人にかつての上司がいます。
無鉄砲な遍歴の中で・・・
行き当たりばったりで就職した。あの?
スポーツクラブの上司です。
私が入社した時は、主任で26・7歳だったかと?
若手の期待の星でした。
退職する時には、支配人にまで昇っていました。
順風満帆に出世されている。
ように見えますが・・・?
本当は?たいへんな経営難で・・・
この会社は規模縮小=リストラをする際に、
現場を切る訳には行かず・・・
上から切って行ったのでした。
なので?彼は肩書きだけ・・・
主任課長支配人
と、とんとん拍子に上がっていっていますが?
机の場所も?仕事内容も?
主任の時と同様でした。。。
ただ、上の仕事が若干プラスされただけ!
↑この上の仕事たちはつまらないらしく・・・
文句たらたらでした。

一応事務所にも机がありましたが?
我々が会員様へ一斉電話連絡などを入れる際に、
あっ!あの机の電話も使える。
借りますよ~!

なんて使い方でした。。。
最後は、事務所で仕事してるのは?
事務員一人だけになっていました。

この方法で、何とか細々とやり過ごそう。
と、したらしいのですが?
私が最後の寿退社を飾り・・・
一月後
会社は今月一杯で閉鎖決定だって~
と、同僚から風の便りが・・・
会員様方からの風の便りにも?
みんなバラバラに、近隣のクラブへ移籍して、寂しくなりました。
とか?
NANAちゃんが見ていた選手さんたちは、ほとんどお隣の○○クラブへ行ったみたいですよ~。
とかの物が・・・
子どもたちからも便りはきていました。
↑今年も来ている。もうすっかり大人です。
成人式おめでとーの人達が一番のちびっ子でした。

もともとバブリーな会社だったのです。
なんでも?地元では悪名高い?←いろんな逸話が・・・?
やり手の実業家だったオーナーが、1代で築き上げた巨大グループ関連会社たち
の中の一つ。チェーン展開のゴルフ場経営の会社
子会社。としての・・・
ゴルフ場会員向けのスポーツクラブ。←バブル時代の税金対策だったとの話も?
レストラン・サウナ・ジム・エアロビ・ラケットボール・ダイビングショップ&プール・・・etc.と、
ゴルフ練習所とスイミング。  ←自前で売り上げがあるのは、この2部署のみ!
を楽しめる総合スポーツリゾート
とてつもなく辺鄙なところにありました。
公共交通機関を利用して通うのは不可能。
送迎シャトルバスを1日中運行させていました。(何台も)
たまに大雪で・・・『バス運行困難の連絡を入れなければ』と、
朝職員たちが、埋まった車から押したり引っ張ったりして助け合いながら会社へたどり着くと・・・
↑大雪で滑ったりはしない。埋まるのだよ。雪国では!
RV車に乗れるような生活ではなかった。この場合『軽』が軽くて良いのだよ。女の力でも押して動かせるちなみに軽は寒冷地使用車じゃないと使えないけどね…。(高いのよ。だからたいていボロの普通車に乗っている)

『あら?今日はどうして開くのが遅いのかしら?と思って待っていたのよ~』
と、涼しい顔で待っている。山から山へクスカントリースキーで毎日通われる常連客
大物会員様たちもいらっしゃった。。。(山奥だったのだ)

そんなわけで・・・
自前の顧客数に対して、規模ばかりがデカスギたこの会社は?
↑なんたって、プールだけでも25m・50m・ダイビングと、3つも持っていたのです。
(すべて屋内温水ですよ)

最後は?
ゴルフ練習所とスイミングだけ
を残してすべて閉鎖していたのですが・・・
↑これでももって5年かな?その先はあるのか?が、我々下っ端の予想でしたが・・・

当時大変な話題になった、地元の大手銀行の倒産にはじまって
バタバタと連鎖的に倒産に追い込まれた地元企業と一緒に
親会社が破産の申請を出したところで
莫大な累積赤字を抱える子会社として・・・
当然のように倒産したのでした。

で?
ハラボテで異邦人化していた私の
いつか生まれた子どもを連れての凱旋帰郷
のはかない夢は?
1ヶ月であえなく消え去ったのでした。。。
↑桜はお腹の中で5ヶ月でした。

例の上司の話に戻りましょう。
彼もまた、かなり破天荒な人でした。
学生時代(高卒)は、野球部だったとか?ですが・・・
親友と作った?『族』では副長だったそうで・・・
ケンカの裏話をたくさん持っていました。
とても熱い人で、人情味があり、自分の信条に反する事ができない反面
頭の回転が良く、場の雰囲気を作るのが上手な人でした。
ただ無鉄砲なだけで、何も考えていなかった私は、彼からずいぶんたくさんのことを教えてもらいました。

会社は独立採算は不可能ですから・・・
↑彼はスイミングだけでも、自前で帳尻を合わせられるように!と、考えていたようでしたが・・・
上から与えられた超高級施設の維持・管理と建設時の借入金の返済まで含めると、上との意思の統一がない状態で前向きな事業展開は難しかったようです。

親会社のサジ加減一つに任される待遇の下で、
私たちは彼を中心に一つのチームのような暮らし方をしていました。
休日も出社後もすべて、独身の若い者ばかりの小集団の中だけで日常があったのです。
当然その小集団を囲む人々との交流はありましたよ。しかし、常にチームの一員でした。
チーム内の付き合いが家族ほどに濃くなりますから・・・
おのずと?
そうです。チーム内カップルが生まれます。
長い年月を得て、いろいろに形を変えたカップル編成ですが?
↑これが会員様や保護者様方の楽しい噂話に花を添えていたようでしたが・・・
結構、勘違いな噂話も多くて。。。私たちも楽しませてもらいましたよ!

最終的にこの中から4組の夫婦が誕生しました。
3組は、この待遇では生活が成り立たないので?夫婦になった時点でチームを抜けました。(=退職)
残る1組。が、彼と私と同期入社の同僚という組み合わせでした。
彼は部下をしょっていますし・・・
何よりも選手育成に情熱を注いでいました。チームを抜けるわけには行きません。
彼女の方だけ退職しましたが?チーム内には残っています。家族同様ですから。
彼らのゴールインは、私の寿退社のちょうど1年ほど前でした。
そして?
周囲はみんな心配だった。
この彼女の方もまた・・・
たいへん破天荒な性格だったのです。。。
(この2人にとって私の無鉄砲ぶりなどかわいい物だった)
彼らのゴールインのあともまだチーム内に売れ残っていたチョロい私の言葉・・・
ケンカしないの!(怖いから)
仲良くしてよ~。
ね?みんなが心配するから!

何度これが出ただろう?が?彼女は?
あんたそればっかりジャン。
(だって何言っても無駄なんだもん。あなた方・・・)
それより聞いてよ~
こいつってば▽×★□…
何だと?!▲×■☆…
だから!
ケンカしないの!(怖いから)

わかったわかった。わかったから~
(物を壊すな!せっかくの新築が・・・)

もう!お願いだから!
仲良くしてよ~
(一応新婚なんだし・・・)

と言った具合だった。


会社倒産後・・・
チームは解散。女性陣は?
失業保険で細々やりながら、少し休憩して考えるよ~
と、転職して、後に結婚・出産のコースへ!
男性陣は?
新たに進出してきた同業のクラブへ移籍。
選手を引き連れていくには勤務地も遠いところだったようで・・・
もう一回0からの出発です!との事だった。
↑2人いたが?1人その後結婚して家庭を持ったようなことも聞いたが?
もう1人は?まだ1人でがんばっているらしい・・・

で?
チームリーダーだった彼は?
同業者に引き取ってもらうには?
すでに業界での実績がありすぎる。
『0からの出発』には?
する方もさせる方にも
大きすぎて厄介だろう?

彼は、転職して起業した。
私が初めての里帰りをした時、なんと?畑違いの?
夫婦で蕎麦屋←ラーメンしかなくてごめんよ
を営んでいた。
家を担保に入れての、心機一転だったそうだ。
激痩せして働いていた彼の店に、赤ん坊を連れて長居する事はできず・・・
身体大事にして下さい。
と、いって別れたのが最後で・・・
その後彼とは会っていない。

その1年後
みんなの心配は的中してしまったようで・・・
別れたらしいよ~
との事。
彼女からの連絡はなく・・・
時々
実家からも出て行ったらしい。
ねー。そっちには音沙汰ある?

と、いう風の便りがあるだけになってしまった。

彼は離婚後も蕎麦屋を続けていたようだったが?
毎年、乱暴だったが母親思いだった彼の
母親の住所宛に年賀状を出す。
子ども好きだったがきっと未だに『わが子』には恵まれていないだろうが・・・
お世話になったあの人へ!最愛の桜の写真がデカデカと入った賀状。
返事が来ないのは?
年末に蕎麦屋が繁盛していて・・・
だったら良いのにな~。

と、思いながら今年も新年を迎えた。
スポンサーサイト

Comments

こんばんは。。。というより、おはようございます♪
先日はコメントを頂き、ありがとうございました!

いつくか記事を読ませて頂きました♪
さくちゃん。。。可愛い♪
とっても、スクスクのびのびと育ってますね!
私も親ばか大賛成です★
微笑んでばかりいられない時も実際はありますが。。。(笑)

また、遊びにきます!!

年賀状

 むむむ。来ない人に年賀状を出すことを継続することはないですね。。。
 ただ,年賀状は心を伝えるものだと思っているので,会えない人には出すように心がけています。どんな1年を過ごしたのかななんて思いながら。ちなみに手書きで絵入りなので,1枚書くのに非常に時間がかかります。w

hanamoko様

ご訪問・コメントありがとうございます。
子どもは常に一緒にいるので、意識してでも『かわいいかわいい』と言っていないと・・・その大切さを忘れかけてしまいそうで怖いのです。でも、振り返るのはたいてい事が起こってから…になりがちな私です。

ひぃ君との楽しい生活の様子をまたのぞかきに行かせていただきます。

奈々氏様

>来ない人に年賀状を出すことを継続することはないですね。。。
そうですか。こういうやり方の方のほうが、多いかもしれませんね。

私は毎年出すけどかえっては来ない人。他にも数名います。が?どの方もかなり付き合いが濃いor過去に濃かった相手ばかりですね。私自身の思い入れでどうするか決めています。

ただ、あまりにも枚数がかさんでしまった為…。今年はちょっと自粛傾向でした。来年の事は?来年考える事にしています。

すべて手書きの賀状。素敵ですね。

Submit Comment

管理者にだけ表示を許可する

TrackBacks

http://omoideninattatoki.blog38.fc2.com/tb.php/35-f9b0eb31

 | HOME | 

プロフィール

NANA

Author:NANA
わが家は3人家族。
きっと一生溺愛し続ける娘は7才。小学1年生。
定年まであと10年をきった年代間ギャップの激しい夫。
異郷の地で友達が少ない私。昔からメカ音痴の上、はやり物に乗るのはきっと今回のこのblog挑戦が生まれてはじめてかも・・・?
がんばるぞ!

来てくださった方々へ

ご訪問ありがとうございます。 ぜひコメントをお願いします♪

アクセス解析

☆よろしければ↓クリック☆
ぜひまたいらしてくださいね☆ まってま~す!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。