おもいでになったとき

あわよくば《いい思い出だな》と、思い返す日がきますように!(願) 今の日々が思い出になったとき・・・。私はどんな人になっているのだろう?いろんな人達と語り合えると良いなっと、blogに初挑戦です。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年の瀬も押し迫り・・・
いつまでも回想にふけっている場合ではない。
↑このシリーズはもう終わりたい!

二学期は長い
二学期は行事が多い

この2点は私でも察する事ができた

が?これだけ?では、漠然としすぎている。
学校の行事?って?
きっといろいろな分類がある(だろう?)と思う。
が?親が学校に足を運ぶ機会にもなり得る行事は?
1学期は・・・
参観懇談会と・・・あとは?
PTA総会も入れれば・・・?
でも?もうそれで全部だった。
なかった
って言っていい?

春に運動会
秋に学習発表会

が定番。だった私の地元とは、今住んでいる地域はあまりにも違いすぎる。
私の常識はどこへ行ってもあまり通用する物ではないらしい。
それにしても?ココで暮らすことで・・・
わたしの無知な人度は、かなり上がっているだろう。
どんな具合に知らないのか?一つ紹介してみよう!
↑だから!早く終わろうよー!

運動会と言えばこの辺りでは・・・
はたとり
と言われる地域の行事?習慣?がある。
はじめてこの名を聞いた時
は?なに?
と、思ったものだ。
これは、運動会で行われる
『旗取り競争』と、言う競技種目の事
だったんだけど・・・
旗取り競争は、来年度入学児童が対象の種目なのだ。
年長さんたちが出場される。
就学が来年に迫ると、学校から
【運動会・旗取り競争へ出場のお誘い】
のような・・・お呼びをいただく事ができる。
子どもには『待っていました』のお誘いであり、親は・・・
うちの子も、はたとりに呼ばれるような年になったのだなぁ~
と、感慨にふけることができる。
運動会とは別に、成長の節目・お祝い行事のような・・・
地域一帯での習慣化しているので、この辺りの人たちは
どの学校でもやっている
と、思っているような口振りで・・・
あら久しぶり!いくつになったのー?
大きくなったねー。
今度
はたとりかい?
と、簡単なあいさつ&世間話。の中にまで入る。
おめでとーさん。
とまでは言うのだろうか?わからないが・・・たぶん言わない。
そんな。はたとり
桜も去年参加した。

これは出場するのは、必ず『来年就学予定児童』で、
種目は、必ず『旗取り競争』
なのだ。
今年知ったが、幼稚園でも同様のはたとりがあるらしい。
わたしの地元ではこのような習慣はなかった。
なので・・・昨年の感想は?
感慨にふけるより、「初めて見た」新鮮さ
ほー。これが皆が言ってたはたとりなんだぁー
だった。

さて、このように私は常識を知らない。
無知な保護者なのだ。
しかし、1学期で
すっかり先生をあて
していたので・・・
春先のような不安は?
もうなかった。

夏休みに先生のお言い付けを全く守れなかったので・・・
桜の算数は?ちょっと心配だったが・・・

初めての運動会は・・・
保護者が車で押しかけると(学校の立地条件上)交通麻痺となり、
危険なので、徒歩でのご来校

をいつもにも増してお願いされる。
が、それ以外に運動会への参加の仕方に関わる連絡事項は?
ほとんどなかった。
私が確信を持ってわかっていたのは?
弁当を作らねば!
ぐらいだった。
この弁当は?
どこで?どのように?食べる事になるのかな?
から始まって・・・
場所取りとか?あるの?
何時に行けばよい?
終わるのは?
子どもは?いつ?といつ?親と一緒でいいの?
撮影は?できるの?
で?桜は何の競技に何時頃?出るのだ?
1年生って何するの?持ち物は?親はどう動く?

なにもかも!わからない
学校からのお便りの中に?
パラリ・パラリ・・・少しづつ
ヒント?となるべくお知らせが・・・
が、決定打はわからないまま当日を迎えるのだった。
ここまできて、知り合いに聞きまくり・・・
なんとか?無事に運動会が終わった。

桜の様子は?
そりゃもー
頑張ってましたよ!
これまでの運動会。保育園では?
自分以外の人との勝負事?はあまりなかった。
お遊戯も・・・年長の時1回だけ!
それらしい物をやっていたが・・・?
音楽や仲間との調和を保ち、振り付けを守って!正しく美しく踊る。
保育園時代に経験した物とは?魅せ方の矛先が違うだろう。
全然ついて行けていない様子で苦戦の顔だったが・・・?
自分専用の小道具を揃えて貰い、
そこそこ楽しんでいたようだ。し、
全体を通して・・・
親よりは、落ち着いていた
↑確実!
実際に当日を見て・・・
1年生は、あの場にいたって事だけで
充分褒められるな!
が感想。
桜の赤組は?接戦の上
勝利していた。ワーイだ。
いつものようにべた褒めだった。

運動会が終わり、次に学校へ行けるのは?
いつになる事やら???さっぱり???
のまま日々は過ぎていく。

肝心の?お勉強だが?
なんと!
夏休みに私がサボった部分の学習を
2学期に先生がやってくれてた

宿題にいつもある
ほんよみ
が・・・
おんどく
に変わり・・・
教科書ではなく、先生自作のプリントの楽しい文章
♪しょうじきショベル♪(作:まどみちお)
ショベルはしゃべる
しょっちゅうしゃべる
はしゃいでしゃべる
しゃべるがしょうぶん
・・・・・・・・・・・・♪

などのようなものが・・・
いろんなタイプのがあった。
この歌のようなのを、桜は毎日楽しく大声で・・・
読み上げて宿題ハンコをもらっていた。
―母の感想―
うちのさくちゃんも
正直者だったのか・・・。
桜のための歌だな。。。


もう一つ。算数だが・・・
こっちも先生が・・・
宿題プリントが、毎日毎日・・・毎日毎日・・・
1桁の足し算・引き算。ばっかり!
が続いた。
授業では、新しい所にも入っているようだ。
が、だからこそ、この宿題プリントは・・・
やったー今日もかんたーん♪
と、できる限り早く!全問制覇に挑め!
とばかりに・・・勢い良くやっていた。

その他に・・・
九九のように足し算・引き算も段別にして・・・
即回答試験?に合格する?と
シールが増えていく。

ようになっているカード
楽しげに見せびらかしたりしていたので・・・
学校の授業でも様々な工夫があったようだ。

と、言う事で・・・
私がサボった部分は?
全部先生がフォローしてくれたのだった
ありがとう!

オープンスクールと呼ばれる授業参観
校内作品展  ←親が見に行く物なのか?は、わからない仕舞い。
PTAの交流?行事  etc.
懇談会
マラソン記録会
が続き・・・

やっと、2学期の連絡表
をいただく事になった。
終業式だ。が?
今回は前日に
明日、暴風雪警報が出る可能性があるため、休校に備え・・・
と、言うお便りと、山のような荷物と共に
子どもがいただいてきた。
しかし、終業式当日は通常通り登校して行き、仕事中に緊急連絡メールが鳴り
悪天候のため、緊急集団下校させます。保護者の方のお迎えを!だった。
↑ちょっとたいへ~んだったが?まあ良い。仕方のないことなのだろう?

ちなみに緊急連絡メールだが・・・
2学期後半は頻繁に鳴った。
例の・・・
恐ろしい事態を今後招かないための対応だ。
↑ご存じない方はいらっしゃらないと思いますが、校長先生のところをご参照ください。
桜の学校や教育委員会でもかなり苦慮されている様子だ。
しかし、子どもの安全の基本は家庭にあり・・・
家庭での指導の強化と、地域の方々への理解呼びかけ…

以上の事は?実施されていない。しようがないのだろう?
メールの内容は?
自治体内での未然事例の発生をお知らせする物。
○月○日○時頃
他校区で、下校途中の生徒が不審な者に声をかけられ・・・
幸い事無きを得ました。
今回は特別の対応は取りませんが、ご家庭でも・・・
本日同じ内容のプリントを児童に配布いたしますが今後もお気をつけください。

といったものだ。
かなり頻繁に鳴っていた。
↑これについてはこれ以上恐ろしくて・・・書けない。

で・・・?
成績は?
まあ、ボチボチでは?ないのかな?
評価が3段階になり・・・
1学期ほどの好成績ではないのだろう。
でも?悪いわけでもない。

それに・・・
先生は?
家庭では、褒める事!
だけ望んでいる。
これまでのやり取りと桜の様子だけで
その事については充分理解した。
学校については何もわからないままだが?
この解釈はあっていると思う。

そう!
この間。学校についてわからないことは?
そのままになっているのだ。
先生にお任せできる。
と思った時に、すでに
わかろう!
と、することをやめている。
理由は・・・?
疲れるから!
学校では常に・・・
何かありましたらお気軽にお立ち寄り、お声をおかけください。
と、言ってはいるが?
実際には?いきなり現れると?
  ↑体調不十分の時に送っていった事がある。
怪訝そうな対応だ。
こりゃタテマエだ。という事ぐらい
いくら無頓着な私でも気が付くというもの。
保護者との連絡を蜜に取れるように!としては?
学校からこちらに連絡があった場合に限り、
保護者の側が迅速に適切な対応を取る。
ように心がける。
がまず第一なのだね?
と、言う事は1学期にすでに理解した。
知らないままでは困る事。
例えば学用品購入について・・・や、
PTA活動のことについて・・・などは?
知り合いに聞く!
が、私にとって一番効果がある。
同時に親同士の関係を作っていく事にもつながるからだ。

それから・・・
これも信頼できる先生のおかげで、
桜の出来・不出来に対して
一喜一憂?することは必要なくなった。
私は桜に対して、
学校へは毎日楽しく通える事。
以上に期待するつもりはない。
それ以上になりたければ・・・?
桜は自分でやるだろう。
楽しくなくなってしまう前に
何とか手を打たなければ!

と、フラフラとした1学期を送ったが?
何を考えたり・・・
やってみよう!としたりしても?  ←やってなかっただろう?サボったくせに!
桜は桜でしかなかった。
これまでがそうだったのだから、
これからも同じだろう。
落ち着いたおかげで、このように思うことが出来るようになった。
事が起こる前に手を打つのではなく
桜が苦しんだ時にそれ以上の苦しみを与えなければよろしい!
のだ。それだけで桜は自分で立ち上がってくるだろう。
もし?学校へ行けなくなったら・・・
それは?その時考えよう!
それで充分なのだ。
それまでは?
ただただ褒め続ける
で、良い!ということだろう?

次回こそ、具体的に何が?わからないのか?
それと・・・
私がやった家庭学習。  
↑いくらいいかげんでも何もしてないわけではない。
をご紹介してこのシリーズを終わりたいと思う。
スポンサーサイト

Comments

Submit Comment

管理者にだけ表示を許可する

TrackBacks

http://omoideninattatoki.blog38.fc2.com/tb.php/29-be88f450

 | HOME | 

プロフィール

NANA

Author:NANA
わが家は3人家族。
きっと一生溺愛し続ける娘は7才。小学1年生。
定年まであと10年をきった年代間ギャップの激しい夫。
異郷の地で友達が少ない私。昔からメカ音痴の上、はやり物に乗るのはきっと今回のこのblog挑戦が生まれてはじめてかも・・・?
がんばるぞ!

来てくださった方々へ

ご訪問ありがとうございます。 ぜひコメントをお願いします♪

アクセス解析

☆よろしければ↓クリック☆
ぜひまたいらしてくださいね☆ まってま~す!

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。