おもいでになったとき

あわよくば《いい思い出だな》と、思い返す日がきますように!(願) 今の日々が思い出になったとき・・・。私はどんな人になっているのだろう?いろんな人達と語り合えると良いなっと、blogに初挑戦です。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夜尿症と言えば =おねしょさん。と、思っていた。
が、実は・・・
トイレの失敗?失禁やチビリが昼間の活動中にもある人が結構いるという。
夜も昼も失禁があるタイプの人も多いそうな。
これを全部合わせて夜尿症に分類されるらしい・・・。
不勉強なので、あまり詳しくはないのだが?  ←おいおい

桜は、夜尿症(昼夜両方タイプ)に明らかに苦しんでいるらしい。
ここ数年の彼女にとっての一番の悩みの種なのではないだろうか?

これはさかのぼる事数年前・・・。
桜4歳半の時から始まっている。
4歳半と言えば・・・?
おねしょなど当たり前ではないか?
の時期の範囲内だろう。と、私は思う。

今小学1年生だが・・・
実は私の中では
小学校低学年までは、当たり前が、常識だった。
が?なぜか?
彼女は悩んでしまった。のだった。

みんなの常識/わたし非常識  ←はぁ?
というやつだ。

桜は春生まれなので、同学年のお友達より年齢が上がるのが超早い。
保育園では、月例順で1番前だった。
年少のちょうど今頃?だったと思う。寒い時だった。
年少(3歳児クラス)だが
この時すでに桜は、4歳半を過ぎていた

この時、保育園の懇談会では、
夜の排泄の自立?
夜のおむつはずし?

について、話題沸騰だった。

だまって、紙パンツが無駄に終わる日を
ただ待つ人もいれば・・・
昔ながらなのか?
夜中にトイレへ連れて行く
夜のトイレトレーニングとなっている
人もいる。
様々だ・・・。

私はどのタイプ?
何も考えてなかったタイプ

さくらは、月例では1番上だが、
こういった個人差の激しい成長過程では、
何かと遅めにスタートする人だったのではないか?
スロースターター
とよく言われるやつだ。
後から周りを見て追いかけていくタイプ。だと思う。(たぶん今でも)

特に排泄は、桜の中でも『遅め』の部類だろう。
当時、日中(活動中)の排泄(トイレ)がやっと軌道に乗った。と、言う状態だったはずだ。
4歳半だが、3歳児クラスなのでこれと言って『目立っている』とも思わなかった。
いっつも周りに比べて『あら遅いの?』と思っても、ただ待ってりゃ良かったのだ。
それで、桜は勝手にマスターしていた。
食事も・遊びも・ケンカ生存競争も・・・。
(ちなみに喋るのは超早かった。口が彼女の武器だった)

お友達の皆さんが大きくなってくれる
   
桜が反応する
   
私が頑張らなくても良い
と、言う事だ。
この流れで結構だった  ←なんて親だ?!

だから、何も考えていなかった。。。
この状態で、たとえ考えたとしても?
ただ待つタイプだった事だろう。
注)この時ただ待つ派だった人達は、子どもはもうすでに自立しているか?または自立目前状態だった。

さて、懇談会に戻ろう。
いつものように先生から
『お母さんたちのおうちで困っている事や何か思っていることを何でも良いから一言づつ順にお願いします。』
親同士の発言一巡タイム
から会は始まった。
この時、他の親たちから
脱オネショの話題が出ても・・・
最初は・・・
ふ~ん
ってくらいにしか聞いていなかった。
しか~し、
どんどんどんどんどんどん
オネショの話ばっかりが膨らんでいく。
とうとう全員の親が
自分の番がきたらまずオネショの話
から入る。ようになった。

あれ?あれれ?
と思っている間にも話は弾み・・・とうとう…
『私はあまり考えてませんでしたが、やっぱりもう3歳も終わりに近いし、夜の事だから保育園にも甘えられない。親がしっかり頑張って教えてやらないといけませんね。皆さんに教えてもらえて良かったです。』
と、閉める人まで出てきた。

そして先生も
『そうですね!園でもお昼寝の時など、家ではどうしているのか?子ども同士でも話題になっています。お家でお母さんたちも頑張ってくれている事を聞かせてもらってよかったです。もうすぐ皆が4歳になります。乳児から幼児へ。もう赤ちゃんではない!という事が子どもたちの自信につながります。』
と、おっしゃられるではないか???!

ちょっと待ってぇ~
私は口を挟んだ。
あの・あの・・・
桜はもう4歳半を過ぎている。でも私はそんな事は『ただ待ってりゃいい』と思っていました。もともと桜はオシッコを覚えるのは遅かった。夜なんか?まだまだ先の事に見えます。これは年齢ではないと思っていました。待っていれば身体ができてきた時に勝手に覚える物だと・・・。
4歳半で、この状態では遅すぎると言う事ですか?
すると・・・
そうですね!
桜ちゃんは、クラスの中で自分が一番お姉さんだと言う自覚を持っています。 
これは気付いていた
お友達の夜の話で『パンツで寝れるんだよ~』の言葉に反応しています。   
これも気付いていた
もう4歳半を過ぎています。
お家でも工夫してあげてください!

ひょぇ~っ!!!!!

オネショ卒業は、小学校へ上がってからでも良い!と、言うのは
わたしだけの常識=世間では非常識
し・しらなかった・・・

正直者の私は、
おーまいがっ!
愛しいさくちゃんごめんよ~
と、思い

さっそく桜と一緒にお買い物へ行き、
オネショシーツ
を買いまくり・・・
これで、パンツで寝ても大丈夫!
さくちゃんもうお姉さんだからね~
と、してやったのだった。。。

その日から・・・
夜は1回だっただろう?この頃は?
の、オシッコが
2回になり・・・?
3回になり・・・?

あっという間に?
頻繁にオシッコが出る。その度に
泣いて起きる!
ぎゃお~ん・ぎゃお~ん
夜泣きのような状態に・・・

あれ~?
自信につながるんじゃ・・・?なかったの?
夜泣きすると、当然!
朝元気ないんだよ。。。皆さん知ってました?

むむ?
おかしい!
私は、保育園の先生に相談した。
先生:え?お母さんどうやってオムツやめたの?
私:桜がやめたい(パンツがいい)と言っていたから、こうこうしかじか・・・
先生:少し様子見てみようか?また、経過教えてください。
私:了解!様子見は得意です!
↑なんせ、ほったらかしだったんだから・・・

もうわかりますよね
ココで様子なんか見たって・・・
良くなるはずはないんだな。これが。

この一件で私は自分の保育園への思い
子育て依存症   ←かかっている自覚はあった
には、終止符を打たなければ!と、やっと気が付いたのでした。

↑おそい


長くなったので・・・。
不憫な桜その後の戦いぶりはまた今度!
スポンサーサイト

Comments

『小学校低学年までは当たり前』。私もコレでイイと思っています!
・・・・非常識なのかな??

でも、世のお母さん達って、ちょっと過敏に反応し過ぎだと思いますよ~。
小学校に上がってからのオネショくらい、きっと誰にでもあると思います。
みんな言わないだけで。
それが多いか少ないかだけの事なんて、あまり気にしなくてもイイと思うのですが。。。

娘さんが現在、どのくらいの頻度でオネショしているのかはわかりませんが、小1じゃまだまだ焦る必要もないのでは?
ちなみに、ワタクシが一番最後にやったのは、小学校6年生の時でした(笑)!

いらっしゃいませ

コメント。ありがとうございます。
>『小学校低学年までは当たり前』。私もコレでイイと思っています!
そうですよねぇ~!
今となっては?なぜ?あの懇談会で全員でオネショについて考えていたのか?
謎です。。。

>小1じゃまだまだ焦る必要もないのでは?
ありがとうございます。
ただ、実は…。焦っているのは私ではなく、娘の方。と言うところがとても苦しいです。

まだ続きますので…。ぜひまたコメントしてください。お願いします。

私も最後は小4ぐらいだったかな。
でも小6で夜尿症のあるお嬢さんの親がかなり悩んでいました。
でも、移動教室にいくと、毎年1~2人ぐらい、夜中におこしてトイレに連れて行ってくださいと言う方がおられます。

そんなものですよね

私にしてみれば『オネショぐらい…?そんなたいそうな事か?』なのですが、夜だけに留めてやれなかったのは、この時の母の行動に何らかのショックを受けたのでしょう。
かわいそうな事をしました。

こんばんは~

話足りなかったので、『夜尿症』にトラバしました。i-179

初トラバです

かりんさん。ありがとうございます。
ゆっくり読ませていただきますね!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Submit Comment

管理者にだけ表示を許可する

TrackBacks

http://omoideninattatoki.blog38.fc2.com/tb.php/20-ef397811

おねしょ。

NANAさんの『夜尿症』を読んで思い出しました。そうそう、おねしょの事でずーっと悩んでだっけ・・・『夜尿症』にトラックバックします!えーっと、実はルィージ君。かな

夜尿症について

夜尿症夜尿症(やにょうしょう)とは、概ね5~6歳を過ぎても継続的に夜尿(睡眠中に排尿してしまう現象、おねしょ)が認められる症状を指す。加齢とともにその傾向は弱まり、5~6歳児では約15パーセント、小学校低学年では約10パーセント、小学校高学年では約5パーセントに

 | HOME | 

プロフィール

NANA

Author:NANA
わが家は3人家族。
きっと一生溺愛し続ける娘は7才。小学1年生。
定年まであと10年をきった年代間ギャップの激しい夫。
異郷の地で友達が少ない私。昔からメカ音痴の上、はやり物に乗るのはきっと今回のこのblog挑戦が生まれてはじめてかも・・・?
がんばるぞ!

来てくださった方々へ

ご訪問ありがとうございます。 ぜひコメントをお願いします♪

アクセス解析

☆よろしければ↓クリック☆
ぜひまたいらしてくださいね☆ まってま~す!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。