おもいでになったとき

あわよくば《いい思い出だな》と、思い返す日がきますように!(願) 今の日々が思い出になったとき・・・。私はどんな人になっているのだろう?いろんな人達と語り合えると良いなっと、blogに初挑戦です。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週。
久しぶりに、桜は家で爆発していた。
憧れの小学校入学
を機に、しばらく見られなかった爆発ぶりだ。
それだけ学校生活が充実している。と、いうように理解していた。
が、しかし・・・。
あまりの張り切りぶりにそんなに頑張っちゃ~
続かないよ~???と、逆に心配で・・・
家では気を抜けるように!
欲しがる以上にプレッシャーを与えない!
ように、それなりに気を配ろう。と、いう心がけだけはあった。

ところが・・・
やっぱり気が抜けたのでしょう。(親が)
夏休みの終わりに私は怪我をしてしまった。。。
直後の運動会の頃、桜は私への気遣いに疲れていたのではないか?
と、思われる。言動が後になって出てくる。(これが10月)

11月に入り、休日に行事が続いたり・・・。私が、
試験が・・・試験が・・・
職場では、
怪我治った?怪我治った?

夫は私が忙しくなると同時に余裕を失う。(いつも)
↓↑
彼の余裕を取り戻す余裕は私にはない!(わが家のいつものスパイラル)

このスパイラルのあっちへ!こっちへ!
振り回される桜。(これもいつもの事ながら不憫だ)

甘えたいだろうなぁ~
は、わかっていた。が、どうにもならない日が続き・・・。
あんまりにも我慢させすぎだ
と、思い
試験が終わった翌日は、
二人でお買い物に行こう!
クリスマスパーティーのプレゼント交換用のプレゼントと、
桜の学用品(えんぴつとか)や、ちょっと暖かめのハイソックスも欲しいというので
OK!
と、約束し二人で楽しみにしていた。
ところが、日曜日のジャスコはすごい混雑で・・・
二人ともくたくたになって帰ってきた。りして・・・また月曜日からの日々が始まっていた。

さて、先週は、すでに記事にあるように『参観』『マラソン記録会』など・・・
(他に、校内工作展?作品展?などもあった)
学校での頑張りを披露する機会が連続だった。

頑張り屋の桜は、たくさんの人の前で披露する。
に対しては、すごい執着?のような反応をする場合がある。

参観での「ずるいー!」も、その執着から来るハイテンションと関係があるだろうと思っている。

疲れっちゃったんだろう?!
そこで・・・
今週は、夜、家で大パニック!だ・・・。

なにかしら、気になったものを流す事ができず・・・
ギャーギャー!泣き・騒ぎまくる。
あついー!いややー!
さむいー!あー!わー!ぎゃー!
いたいー!あかんー!ちがうー!

と、地団太を踏んでみたり・・・
寝転がってジタバタさせて見たり・・・
物に当たってみたり・・・
いろいろする。

4歳半くらいから、時として頻繁に・・・
または、今回のように久々に・・・
このような状態になる。事が出てきて様に記憶している。

たいてい、前後の因果関係を考えると・・・
頑張りすぎていたり
疲れていたり

が、原因だろう。
そこへそれ以上の荷がかかったり、びっくりしたりすると、許容できなくなっているのでは?
と、考えている。

この状態に入ってしまうと、声をかけるにはタイミングがある。下手に、いろいろ話しかけたりすると・・・
よりいっそうの反撃にあう
なんたって、こういうときの桜の声はかんだかい上に
すごい大音量!
こちらの神経にまで・・・キーンときてしまう。。。(正直言えば速く終わって欲しいのだ)

見ているのもつらいが・・・
ここは、たまったストレスを発散している。と考え・・・
ある程度は、やらせておく。
騒ぎすぎて体力的にちょっと一息入れたくなったところを見計らって『そうだったんだね・・・』などと言って近寄って行ってみる。
が適策だ。このタイミングが合うと、
スムーズに甘えやすいようだ。
その後しばらく、膝や胸で泣き喚き・・・徐々に落ち着いていくのを待つ。

私と桜で数年間の間に模索したやり方なのだが・・・これが
夫には通用しない!

第一声のぎゃ~!に対して、彼の方が大きく反応するのだ。。。
火に油
とは、この事?と、言う反応をする夫に、
あーあー
と、しか言い用がない状態に何度してやられたことだろう?
どうやら、
こういった事を許さずに躾けなければならない!
と、言う親心が彼にはあるようだ。しかし、私の目には
自分の不快感をぶつけている
ように見える場合の方が多い。。。んだけど・・・?

が、今週は・・・
残業続きで、彼がいない夜も多かった。
かえってくる頃には上機嫌で、二人でふざけあっておいて・・・
お父さんの帰宅に喜ぶ様子を見ておき、2階で洗濯物を片付けたりなどしていると・・・下から桜の声が
ぎゃお~ん・ぎゃお~ん
夫の怒鳴り声が
がお~ん・がお~ん
あーあ。。。

下に降りて行き、だんなに「どうしたの?」
だんな「こうこうしかじか」
地雷を踏んだのね!
だんな「なんなんだ?」
(だから!疲れちゃったんだって!きのう話したのに!)
つい「だから調子悪いよって言ったじゃん!」と、言ってしまった。
残業でヘトヘトで帰ってきて・・・
桜の元気な笑顔にホッとしたんでしょう?しかたないかも?
ごめんよ。でも、あなたも疲れてかえってくると
私に当たっている
事に気付いてね。

そして、桜の日々の暮らしを子供だましと思わないで
精一杯頑張って生きている日々なんだ
って、わかってあげられる夫婦になりたいね。お父さん。

桜、今週末はいくらか?休憩できただろうか?
ちょっと怪しいぞ~?
だらしない親でごめんよ~

長かった2学期は、
学校生活が軌道に乗ったか?のように見えて・・・
安心してしまった
親が反省。しなくてはいけないな。

さくら。
よくがんばりました。
スポンサーサイト

Comments

>騒ぎすぎて体力的にちょっと一息入れたくなったところを見計らって『そうだったんだね・・・』などと言って近寄って行ってみる。<
これはまさにその通りの法則です。
私は学校では出来るのに、家では娘の態度に切れまくっています。家ではもう心に余裕がないのでしょうか。あるいは家族だという甘えがあるのでしょうか。娘にも私にも。(汗)

princip先生

再びのコメント。ありがとうございます。とてもうれしいです。
blog挑戦もなんだか…???
身の丈を超えて頑張ろうとしちゃったのでしょうか?この前までは、わけのわからないことになってしまっていますね。(恥
こういったことは私は時々あるのですが…、今回は先生をずいぶん巻き込んでしまっていますね。毎度、おおらかに受け入れていただきありがとうございます。

ところで…
今回のコメントは?夫へのフォローでしょうか???(良かったねぇ。トオちゃん。
どこの家庭でも良くある風景なのではないかな?とも思いますが…。
実は、私も二人いっぺんにこられたり・・・、自分が外で背伸びをしすぎていたり・・・その上家事は大の苦手で・・・。で、受け止められない事は度々です。

ただ、きっと先生のご家庭がそうであるように『ぶつかり合っても切れない絆』が、わが家にも欲しいです。
夫と逃げずに向き合える夫婦に…!これをあまり追いかけすぎて、危うかった過去もあり、永遠の課題かもしれません。
周りを見ると、素敵なご夫婦は、奥さんやっぱり???です。頑張ります。

またいらしてください。

Submit Comment

管理者にだけ表示を許可する

TrackBacks

http://omoideninattatoki.blog38.fc2.com/tb.php/18-bfb220ab

 | HOME | 

プロフィール

NANA

Author:NANA
わが家は3人家族。
きっと一生溺愛し続ける娘は7才。小学1年生。
定年まであと10年をきった年代間ギャップの激しい夫。
異郷の地で友達が少ない私。昔からメカ音痴の上、はやり物に乗るのはきっと今回のこのblog挑戦が生まれてはじめてかも・・・?
がんばるぞ!

来てくださった方々へ

ご訪問ありがとうございます。 ぜひコメントをお願いします♪

アクセス解析

☆よろしければ↓クリック☆
ぜひまたいらしてくださいね☆ まってま~す!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。