おもいでになったとき

あわよくば《いい思い出だな》と、思い返す日がきますように!(願) 今の日々が思い出になったとき・・・。私はどんな人になっているのだろう?いろんな人達と語り合えると良いなっと、blogに初挑戦です。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桜のクラスは算数の授業で参観のようだった。
算数は、ここ数日ちょっと付き合ってやっていたので
やったぁ~! さんすうや~
の反応。そして、
ちゃんと遅れないでキテネ!
おかあさん。ちこくはあかんで!
と、念を入れられてしまった。。。
日頃からの私の行いがどうなのか?子どもは怖いな~…。

桜たちの算数は、ちょうど今『繰り上がりの足し算』が、まとめ・確認くらいのところかな?
5+6から9+9まで、カードになって黒板に貼り付けられているところから授業がスタートした。

手を上げさせて、一人ずつカードを取り
『5+6=11です』と、みんなの前で発表し、
‘あっていま~す’と、全体が答える。
答えを 11 から 18 の枠内に張りなおし、同じ答えの集合体を作っていた。
先生が、全員にまんべんなく当てよう!としている事を子どもたちもすばやく察知!
手が上がっていなかった子達も、友達同士でなにやらささやきながら…、
はげましあって、全員回っていく。
すご~い!みんなすてきよ!
惚れ惚れと眺めるが・・・
かん高い声で、
一人1回やで!一人1回やで!と、聞こえる。。。
聞き慣れた声だが、当然彼女も当たっている。
ピースサインにも答えておいたし・・・、今気分いいのよ!
ほおっておこう!
は、先生にも友達にも母たちにもほおられたまま無事授業は続く…。頑張れ!先生! さあ、答えの集合が出来上がり、今度は、カ-ドの枚数と答えの関係を見ていく。
18=9+9 のみ。
17=9+8・8+9 の2枚。
1つ づつふえていく。を確認し、階段状にカードを並べていく。
子どもたちから
あー!足し算の階段や~!
の声。そして、この階段作りにまた、手が上がる。
ハーイ!ハーイ!
1年生はやる気いっぱいだ!
先生は、また一巡するように当てていく。いいぞ!先生!

先程から耳についている『ハ~イっ!』『アーぁ!もう!』の例のかん高い声も、早々に当ててもらう。

しか~し、甘かったか?二人一度の当てて回転を早くしたところで、
とうとう・・・。
なっちゃんズルイー!
が聞こえてきた。。。
が、まだ序の口だ。
この程度は家では当たり前。
聞き流そう!


次に、出来上がった階段を観察。気づいた事を発言しましょう!
に進んだ。また、
ハーイ!ハーイ!
すばらしい発言が続々と出る!
すてきよ!みんな!うっとり
先生も頑張って先に、進めようとするが…。
しかし…
とうとう

なっちゃんズルイー!なっちゃんズルイー!なっちゃんズルイー!
なっちゃんズルイー!なっちゃんズルイー!なっちゃんズルイー!



いいかげんにせんかぁ~!!

もうお気づきでしょう。。。
声の主は、愛しい愛しい
桜だ!!

私の顔色が変わる。
親たちの空気も変わる。しかし続く…。

なっちゃんズルイー!なっちゃんズルイー!なっちゃんズルイー!
なっちゃんズルイー!なっちゃんズルイー!なっちゃんズルイー!



なっちゃん無事か・・・?
とうとう先生。
ごめんね!先生が間違ったの。
悪いのはなっちゃんじゃないんだ。


なっちゃんの
クスっ♪のアクションが見えた。ホ~ッ!

その後、彼女も当たるが…。なんだかちんぷんかんぷんな事をダラダラと発言し…。まあ、いいけど・・・。
しゃべりたいんでしょ?
穴があったら入りたい
とは、こういう気持ちなのだ。と、痛感した。

せっかく惚れ惚れと見ていたのに…。
台無しだったが、取り合えず
先生ありがとう!の授業参観が終わった。。。

その後、懇談会では
来年度のPTA役員。を引き受けるのだった。
なっちゃんの母には、謝りを入れておいた。申し訳ない…。しかし無事でよかった。トホホ…。
スポンサーサイト

Comments

なんか黒柳徹子さんの少女時代もこうだったのかなと思わせるような授業参観風景でしたね。でも温かい先生と、温かいクラスの保護者、そして子どもたちに恵まれているように思います。

はい。ありがたいことです

そうですね。いつもそうなのですが…、周りにはずいぶん助けられています。

黒柳さんの子ども時代については、実は保育園時代にも保育士の先生から同じような事を言われた事があります。

バカな私は、「あら?!うちの子天才なのかしら???」と、返した記憶があります。
先生は、それ以上何も言えなくなってしまったようで…「しまった!」と、思ったものです。(笑

Submit Comment

管理者にだけ表示を許可する

TrackBacks

http://omoideninattatoki.blog38.fc2.com/tb.php/14-31b45742

 | HOME | 

プロフィール

NANA

Author:NANA
わが家は3人家族。
きっと一生溺愛し続ける娘は7才。小学1年生。
定年まであと10年をきった年代間ギャップの激しい夫。
異郷の地で友達が少ない私。昔からメカ音痴の上、はやり物に乗るのはきっと今回のこのblog挑戦が生まれてはじめてかも・・・?
がんばるぞ!

来てくださった方々へ

ご訪問ありがとうございます。 ぜひコメントをお願いします♪

アクセス解析

☆よろしければ↓クリック☆
ぜひまたいらしてくださいね☆ まってま~す!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。