おもいでになったとき

あわよくば《いい思い出だな》と、思い返す日がきますように!(願) 今の日々が思い出になったとき・・・。私はどんな人になっているのだろう?いろんな人達と語り合えると良いなっと、blogに初挑戦です。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
たくさんの姉妹の中で育った私は、子どもの頃親から個人使用の何か?を買ってもらった記憶が少ない。
大変なエンゲル係数の家計を支えてくれた両親だった。

しかし、サンタクロースは、一人ずつに山の用なプレゼントを毎年運んでくれた。6歳下の末の妹が卒業するまでだから…。いつまで来ていたのだろう?

私が小学校へ上がると、冬休み、両親が留守の間
姉とプレゼントの隠し場所探しの冒険だった。
家中の押入れから屋根裏から、雪に埋まる物置小屋から・・・。
本当に発見できた年もあったが…

たまに、25日の朝。
お母さん。サンタが来ていない!
なんで?どこ?どこにきているの?
おかしい!煙突が狭かったのか?

そのうち・・・。
あんたがいいこにしてないからよ!
お姉ちゃんこそ!

バトルがはじまったところで・・・母。
サンタクロースは26日に来るのよ~

ぬわあに?!
そんなはずはない!去年は25日だった。
昨日はイブ。今日はクリスマス!

世界共通のルールのはずだろう???

しかし、母。平然と…。
今日がクリスマス。
明日来るのよ~
と、言い切り、本当に
26日にサンタが来た
年もあった。。。

今思い返すと…。甘く苦しい幼少の頃の思い出だ。 さて、現在のわが家。
当然サンタは毎年来てる。
しかも、ほとんど実家から。
注)25日には間に合っている。

桜は初孫の上、だんなの実家の親戚たちにも頂き物が多く、私のたくさんいる姉妹たちも、同じ過去を経験しているからか?
『サンタだから、名指しでありがとうとは言ってもらえないよ!』などと、言っても聞きゃしない。

あまりにたくさんの品々が送られてくるので、
『豪邸が桜の物で埋まってしまう。』
『こんなに一人で扱いきらない。』
『うちの子がおかしく育ってしまったらどうしてくれる?』

と、散々止めてきた。

実際、当の桜は、自分で管理できる物の量を超えるので…。
お小言の嵐にあうのだ。。。

しかし、昨年あたりから孫が大きくなってきた(増えてもいる)ので、爺婆は、品物選びが難しいと言って、クリスマスも誕生日もお金を送るから…。などとなってきている。
ラッキ~!

今年は入学と言う節目もあった。チャンスだ。
プレゼントは、1つ。に絞ろう!

しかし、ふと考えると…。
いつまでこのサンタ騒動の楽しみ
が味わえる物なのだろう?

世間では、サンタクロースが来るお宅はどれくらいあるものなのだろう?
友人宅では、
うちは最初から来ないよ~クリスマスはトイザラスへ行って、自分でプレゼントを選ぶんだ~。と、言う事らしい。

私のサンタ卒業は、初めての冬休みだった。そう!
姉に探検に誘われる。
現実を耳打ちしたのは姉だった。妹には、当然先輩に習って私が耳打ち。

末の妹のときは、母に口止めを食らった。のは、覚えているが・・・

その後どうなったんだっけ???

う~ん。。。
取り合えず、今年は1つに絞ろう!
スポンサーサイト

Comments

Submit Comment

管理者にだけ表示を許可する

TrackBacks

http://omoideninattatoki.blog38.fc2.com/tb.php/12-a7c1b05e

 | HOME | 

プロフィール

NANA

Author:NANA
わが家は3人家族。
きっと一生溺愛し続ける娘は7才。小学1年生。
定年まであと10年をきった年代間ギャップの激しい夫。
異郷の地で友達が少ない私。昔からメカ音痴の上、はやり物に乗るのはきっと今回のこのblog挑戦が生まれてはじめてかも・・・?
がんばるぞ!

来てくださった方々へ

ご訪問ありがとうございます。 ぜひコメントをお願いします♪

アクセス解析

☆よろしければ↓クリック☆
ぜひまたいらしてくださいね☆ まってま~す!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。