FC2ブログ

おもいでになったとき

あわよくば《いい思い出だな》と、思い返す日がきますように!(願) 今の日々が思い出になったとき・・・。私はどんな人になっているのだろう?いろんな人達と語り合えると良いなっと、blogに初挑戦です。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
養護学校に勤めていた頃のお話。

勤め先の養護学校は、比較的規模が小さく
のびのびとした自由な校風と、生徒の表情の良さ。
が、ご自慢?の私立の学校だった。

私が桜のために選んだ保育園も似たような園風を持っている。と、思っている。
教師が苦心して編み出してくる実践の元となる『授業の素材』も桜の師?である保育士たちのそれと似通った物が多かったりもした。
私はおおらかな雰囲気が好きだった。
こんな中で桜に育って欲しいと思っていたし、
彼らとのふれあいの中で学ぶべき事は多いはずだし、
もし?桜が積極的に触れ合おうとした場合・・・
その行為に助けられるのは、相手ではなく桜の方だろう。
私がそうであったように。
と、本気で思っていた。(今でもこの考えは変わらない)

そして、機会があればできるだけ
そのチャンスを与えたい。
が、今は桜の身体が圧倒的に小さい。
精神的にも体力的にも強烈なパンチを持っている人も少なくない。
彼らと渡り合っていく力はまだまだない。(私にあるのか?も疑問だ)
これは、様子伺いをしながら・・・
チョボチョボやっていくしかない。
そんな平常の生活の中で
桜が自分で興味を持たなければ、良い方向へは運ばないだろう。
と、考えていた。(今も)

彼らと桜も、彼らと私も
別々の個人だ。
と、いう以外の違いはない。

と、本気で思っていた。(今も)
そして、それを教えてくれた人達に感謝している。

私はこれが自分の
本気・本音
だと思っていた。

ところが・・・?





more... »

スポンサーサイト



 | HOME | 

プロフィール

NANA

Author:NANA
わが家は3人家族。
きっと一生溺愛し続ける娘は7才。小学1年生。
定年まであと10年をきった年代間ギャップの激しい夫。
異郷の地で友達が少ない私。昔からメカ音痴の上、はやり物に乗るのはきっと今回のこのblog挑戦が生まれてはじめてかも・・・?
がんばるぞ!

来てくださった方々へ

ご訪問ありがとうございます。 ぜひコメントをお願いします♪

アクセス解析

☆よろしければ↓クリック☆
ぜひまたいらしてくださいね☆ まってま~す!

カレンダー

11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索