おもいでになったとき

あわよくば《いい思い出だな》と、思い返す日がきますように!(願) 今の日々が思い出になったとき・・・。私はどんな人になっているのだろう?いろんな人達と語り合えると良いなっと、blogに初挑戦です。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結婚式の時・・・
は、周囲の人々に聞いてきた。
アメリカでは、白人で四大出であれば、生活に困る事はない
と・・・。この話を何度も聞かされた。
ハニーは、白人。そして・・・
彼の一族の中で初めての大卒者。
として、親族の期待の新星だった。らしい?
そうか!とりあえず、娘は留学中に
変な男のはらまされたバカな女には?
ならなかったのだな?!
と・・・。この言葉と同じには言い表さないだろう。が、
学歴や職種、勿論付き合う人種など・・・
私たちに押し付けたことなど1度もない両親でも・・・
『安心したい』親心。として・・・
似たように感じていた事に気付く事など、
実の子であれば難しいことではない。

ところで・・・
階層社会アメリカの中で
妹夫婦は?ちょうど中間ぐらい?
妹は真ん中というが・・・?
中の下ではないのか?
が、日本に暮らす家族たちの共通の予想。
生活水準が・・・
日本ではほぼ一般の
私たちよりは明らかに低い。
エンゲル係数は?98%を超えた事もあるだろう?
貧乏子沢山の家族。の中で育った私たち。
しかし・・・
モノの当りなら絶対一番良かったに違いない末の妹が、今
『きゅうり』1本買うのに勇気を出そうしている。らしい。

ハニーは、長男アダム
(宗教上、聖書に登場する名を付けるらしい。その上漢字を当てようとするから本名はややこしい名だ)
の誕生直後・・・いきなり失業したらしい。。。
妹の妊娠を知ってすぐ行方をくらまし・・・
妹が日本に帰って1人で産もう!と、決意しかけた頃
就職が決まった。結婚しよう!と、再び現れてプロポーズする。
その時決めてきた職だった。
が?いいかげんな経営者によりアッサリ倒産したらしい。
転職=スキルアップの国アメリカ。である事は有名だが?
同じ失敗をしたくないハニーの就職活動は?
が日本に帰ってきてもまだ続いていた。

(現在は、3度目の会社でやはりセールスマンらしい)
何の保険をかける余裕などなかった彼らの当時の収入は?
政府から週18ドルの振込み。と、日本からの送金だけだった。との事。
ハニーは生まれてきたアダムのために
就職活動の傍ら、安くて安全な健康保険も探していた。との事。
自分も家族も保険は全部未加入だったのだ。
(ただし、出産時、妹は学生として自分にかけた保険が利いていたのではないだろうか?)
病院にかかるのは容易な事ではない。
事実ハニーは?歯が痛くても歯医者にもいけないままだった。らしい。
医者にかかれないこの生活は再就職が決まるまで続く…。
受けられる医療の質。は?
加入している保険の質。で決まるらしい。
良い保険にかかっていれば?質の高い医療。
それなりのにかかっていれば?それなりの医療。
それ以下と、加入していない人達がどうなっているのか???

が?なぜかそんな人達にもかかりつけ医院があるらしい。
アメリカでは?みんな主治医をもっている。とか?
町医者が、内科・外科・耳鼻咽喉科・産婦人科・・・etc.
すべて請け負う。手に負えない場合、大きな病院を紹介され、
患者が大きな病院に入ると、主治医がそこへ出向くシステム。

別階層の人との接点は?ほぼなし
と、なるような仕組みが出来上がっている
らしい。
しかし、わずかでもレベルアップを獲得した場合
即!生活水準に響く。
住宅環境から食べる物・着る物・持ち物からはじまって…
受けられる医療・教育・福祉…etc.
と、付き合う人々
まで変わる。
自分の持ち物はおろか、持てる社会資源まで
わずかずつ、しかしはっきり
階層別に分かれている。

との事。
ベイビー誕生がかなった以上
ハニーにとって、レベルアップは死活問題。
ハニーはいつも…
今でも愛する家族の為にがんばっている。


妹は、かかりつけ医の紹介する大きな病院で出産する。
は?4人産んで4人とも難産だったらしい。
だからこそ肝が座っているとも言えるかも知れない。

私は超安産だったが・・・
妹は?超はつかないが?
それなりの安産だったらしい。
でも?衝撃が始まる。

more... »

スポンサーサイト
アメリカの大地は広大だ。
小さな島国に暮らし・・・
その島の中の1つとしか言えないだろう?
北海道の『雄大な自然』と『広大な大地』に憧れる暮らし
と、その人々の気持ちが・・・
私だって、道外での生活をはじめて3ヶ月と経たないうちに実感したし
今もしている。

まさに

大陸


であるアメリカに暮らす人々と生活を共にして・・・
さすがにグローバルな母にあっても
衝撃と言うにはなお余りある不可解さを拭う事ができたかな?
いや!駄目みたい。。。
でも落ち着いてみられるようになったのでは?
と、感じたのはやっと最近になってからのことだ。

母は、このときの衝撃を手記に残している。
同人誌に掲載された物が   
なぜか?我が家へも送られてきた時は?
(裏声)まだやってたの?同人誌?
と思ったものだ。(幼い頃の物とは別のだけどね)
↑これは日本語で書いてあった。でも回りくどいんだ文章が!
恐るべし『純文学』?って事か?(ちがうかも?)
何にしても後にも先にも母の手記を読んだのは?この時だけだった。。。

結婚式のあった春は?
そこは広いアメリカなので、北海道よりも幾倍か広々としている。
空は球形を描いて澄み渡り、畑地や果樹園が見渡す限り延びて地平線となり、どこもかしこも花盛りだった。
時間もゆっくりゆっくりしていて、夜の九時を過ぎてようやく陽が落ちた。

と、の表現を抜粋。

でもは?
夏に日が長いんだから・・・?
考えてみれば想像つきそうなもんだが・・・?
わずかしか昼間がない!
ってなるでしょ?やっぱり?
その上、大陸の冷え込みと言ったら・・・
地元の『しばれるね~』の表現ではたりないんでないかい?
妹の話では?冬は自殺者が急増するとか?
暗~い空気。。。?

ちなみの日本人の憧れの大地は?
冬こそ魅力的であろう?! 
↑観光はお好みの季節にどうぞ。ただし春は?あまりお勧めできません。
北海道の春の素敵さは?それこそ住んでみないと解らないだろう?と私は思います。

で?アメリカでは?生活そのものにも?
何をするにも
まず広いから!
がくっついてくる。
自家用車なしには?何処へも行けないらしい。
しかも!
車で5分の場所って?
日本では?歩くとどのくらい?
妹の住むところからは?
歩くと1時間以上はユウにかかる所まで?
車だと?5分で着くそうな。。。?  
←一般道高速状態?って事?
↑私は地元に?河川敷の一方通行道を『高速』と思っていた友人がいたが・・・。
そこは朝夕大渋滞道だった。。。奴はいつ走っていたのだろうか?

赤ん坊が出てくる前・出産前は?
妹の運転に頼って短い昼間に戸外へ出る事もしていたようだが?
産後は、母はこもりっ放しになりがちだっただろう。
公共交通機関の利用も車がなければ不可能らしい。
↑マンハッタンとかなら話は別でしょう?きっと。

妹のハニーの職業はセールスマン。一般的なサラリーマンだそうな。
↑妹の話では、本当は男がハニー・女がダーリンなんだとさ。
でもこれも広いから『地域による』のかも?だって映画とかでは?
『ダーリーン』って女の人がパートナーを呼ぶもんね~???

ハニーがお休みの日に、
連れて行ってもらわねばならないところ。
それは?!スーパー!
食材の買出しだ。
さあ、日本を代表する紛れもなく庶民的婆様
がまず第1に衝撃を受ける!
アメリカ庶民の台所事情のお話だ。

more... »

アクセス数が凄い事になっております。
ビックリ!
その上
ランキングupにご協力
いただいた方も大勢いらっしゃるようで・・・
なんと?!かなり上位に入っている様子。
みな様
ありがとうございます

小声(本当はできればコメントも…)

と、言う事で・・・
実は?いいかげんな学生生活が・・・
締めくくりの
学年末試験前
なのですが・・・
ちっとも勉強が進んでおりません。。。←誰のせいでもないな・・・

デモ?御好評にお応えして
頑張って  ←今頑張るべき物はなに?
話を進めさせていただきましょう! ←勘違いしてないかい?

アメリカの話 ←あーあ。知らねーよ!払った受講料は帰ってこないぞ!

more... »

さて?
たくさんの人達が行きかった
通称:民族大移動
だが・・・
我が家は?
国内移動だけ。

私のアメリカへの視線は?
これらのたくさんの人達。特に?
  
からの情報が大半である。

まず
ここまでは?全員絶賛だった
結婚式
妹は、桜の誕生のほぼ直後
JUNEブライダル
6月の花嫁
になる。

more... »

音楽をやりたくて高校を卒業してすぐにアメリカへ留学した。
のわ?  ←私ではない
4人姉妹の一番下の妹。
その妹が、今アメリカで2人の子どもの子育てをしている。
上の子は桜と同じ歳の男の子だ。(下は女の子)
留学

大学入学

結婚・出産

大学卒業

ピアノ教師をしながら子育て中

↑一説には?専業主婦という話もある。
と、言うのがだいたいの流れ。
ご主人はアメリカ人。
当然子どももアメリカ人。

多民族国家の元、妹は?
留学へ出しただけのつもりのはずが・・・
そのまま・・・
アメリカ人になってしまった

そう!には?
一昔前なら? ←今どうなんだろうね?
少女マンガで憧れの的になる?
↑意味もなくみんなにスゴイとか言われるアレ
アメリカ人
ハーフのいとこがいるのだ~
↑まっ!意味ないからそんなにスゴクないね

で?これ
結婚と上の子の出産が桜の誕生とちょっとかぶっていたので?
はいまだかつて
アメリカの土を踏んだ事は1度もない
ままなんだけど?
両親
実家
国際空港が近くて初孫がいる我が家
アメリカとを
一時行ったりきたりしていた。
その行ったり来たりにくっついて・・・
叔父叔母従兄弟や・・・
そのほかにも家族で付き合いがあるいろんな知り合いや・・・
たくさんの人が行ったりきたりしていた。
そうこうしている間に?
今度は妹が子を連れて帰ってくるからと
我が家真ん中の妹一家も・・・
叔父叔母従兄弟たち・・・

・・・・・・・・・・・・・・。
というように?
曰く
家族間民族大移動
の時期があったのだ。

more... »

 | HOME | 

プロフィール

NANA

Author:NANA
わが家は3人家族。
きっと一生溺愛し続ける娘は7才。小学1年生。
定年まであと10年をきった年代間ギャップの激しい夫。
異郷の地で友達が少ない私。昔からメカ音痴の上、はやり物に乗るのはきっと今回のこのblog挑戦が生まれてはじめてかも・・・?
がんばるぞ!

来てくださった方々へ

ご訪問ありがとうございます。 ぜひコメントをお願いします♪

アクセス解析

☆よろしければ↓クリック☆
ぜひまたいらしてくださいね☆ まってま~す!

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。