おもいでになったとき

あわよくば《いい思い出だな》と、思い返す日がきますように!(願) 今の日々が思い出になったとき・・・。私はどんな人になっているのだろう?いろんな人達と語り合えると良いなっと、blogに初挑戦です。

<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シリーズになってしまった。完結します。

園からのお便りは?
在園全家庭へ配布の【園だより】の臨時もののタイプだった。
この園のお便りは?
保育士が発行する物はたいてい手書きの柔らかい印象の物だったが?
↑知らない人はビックリするかもしれないが?なんと!親が発行するお便りもあるのだよ。ココでは!
今回は?たぶん文章が長すぎて紙面に収まりきらなかったのでしょう。ワープロ文字でB4版の裏表にビッシリ!だった。書いたのは?たぶん主任の保育士だった。

more... »

スポンサーサイト
あの日の夜。
私は眠れずに ←こりゃなかなかないよ。すごいショックだね。
泣きながら保育園の連絡帳を書きたくっていた。

more... »

懇談会での困惑しきった空くん母の話を聞いてから・・・
ぞう組に進級したばかりの親集団にとって、
柊ちゃんと空くんの関係は自然と気にかかる所となった。
私に直接柊ちゃんの話を持ちかけてくる人も出てきた。
中には保育士もいる。
前述したが、私の気がかりは?
園の体制だ。


more... »

わが家(あえて桜ではなく家族単位)がお世話になった保育園は・・・
子ども同士はもちろんの事
職員同士・親同士・親子・子と職員・親と職員・・・
と言うように、園関係者とそれを囲む社会のすべての人々との
【共育ち】
を、園の基本理念の1番に挙げる
と言う独特の園風を誇っていた。

園内では・・・
子どもも、親も、職員も、その家族も(時々地域の人も)・・・
保育園生活とプライベートの境目がおのずと薄くなるべく取り組みが、
まるで沸いてくるか?ように
日々休むことなく、年中繰り広げられていた。
大人集団の真ん中に子ども集団がいて・・・
全体で成長を見守ろう。

助け合い・喜び合い・楽しみ合おう!
がモットーだった。
↑ココの裏話を始めると・・・
またもや恐ろしく長くなるのでこれ以上の説明は今回は避けます。

桜はココに1歳から、
柊ちゃんは?たぶん産休開け・3~6ヶ月くらいから、
通っていた。暮らしていた。

more... »

交流の大切さ
を考える記事が気になっている。
(もう一つ。toshi先生のほうも、かなり良いのが上がってます)

保護者としての私の経験。を一つ。
思い出したので書いてみようと思う。

more... »

 | HOME | 

プロフィール

NANA

Author:NANA
わが家は3人家族。
きっと一生溺愛し続ける娘は7才。小学1年生。
定年まであと10年をきった年代間ギャップの激しい夫。
異郷の地で友達が少ない私。昔からメカ音痴の上、はやり物に乗るのはきっと今回のこのblog挑戦が生まれてはじめてかも・・・?
がんばるぞ!

来てくださった方々へ

ご訪問ありがとうございます。 ぜひコメントをお願いします♪

アクセス解析

☆よろしければ↓クリック☆
ぜひまたいらしてくださいね☆ まってま~す!

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。